Tokyo Ocha Cafe Story #3:THE MATCHA TOKYO 表参道

表参道は流行の中心だけあって面白い店が多い。そんな街もコロナ禍においては大きなダメージを受けており、裏通りを歩くと空き店舗がチラホラと目立つようになってきた。もともとは休日・平日関わらず圧倒的な人出があったものが、突然客が途絶え、それが長引いている。地価の高さからいったら店舗運営が厳しくなるのも当然だろう。

そんな中で、お茶カフェは頑張っている。表参道は面白いお茶カフェが多い。

THE MATCHA TOKYO は、表参道をはじめ、新宿のNEWoMan、ルクア大阪と、良い場所に出店している人気の店だ。抹茶ドリンクを提供はしていてもオーガニックを扱っている店は東京では少なく、宇治、鹿児島、静岡の茶葉のブレンドというのも珍しい。

打ちっ放しを白く塗りこんだような店内は広々としており、正面のカウンターをメインとして椅子とテーブルがまばらに置かれている。カジュアルなカフェの雰囲気である。抹茶のパックも綺麗に陳列され、販売されている。

宇治と鹿児島の厳選した茶葉をブレンドした JAPAN PREMIUM 抹茶をホットでいただく。カウンター中央の釜でお湯が沸いており、柄杓で片口にお湯を注ぎ、一点一点お茶を点てるスタイル。片口から紙コップに抹茶が注がれ完成。仕上がりが茶碗ではなく、紙コップというのが面白い所。妙な和風感を残しすぎず、カジュアルに徹するのは好感が持てる。紙コップでいただく抹茶も美味しい。

知られていないことかもしれないけれど、抹茶も元々は行商や茶屋(現代でいうカフェのようなもの)で飲まれていた庶民のカジュアルなドリンクだった。その後、侘び茶が流行し、禅と結びついて、作法のある現在の茶道に至っている。

抹茶カフェというスタイルは、新しいように見えて、実は懐古的な、先祖返り的なノスタルジーの一つなのかもしれない。当時も疫病が流行ったりしたことだろうから、その合間に薬がわりに抹茶を飲む。時代が変わっても、昔の人と同じように抹茶に癒されている自分がいる。我々が求めるものというのは、本質的には変わっていないのだろう。

一品更屋 更屋松柏

* このコラムは更屋松柏の個人的な意見に基づくもので、関係する企業・団体・個人の意見とは異なります。このコラムに関するご意見・ご質問は一品更屋までご連絡をお願い致します。

THE MATCHA TOKYO 表参道

渋谷区神宮前6-6-6
11:00~21:00
the-matcha.tokyo