呉七クロッシング #2:呉服町 茶ベニュー その1

ニューヨークを地図で見ると南北に走る通りがアベニュー、東西に走る通りがストリートとなっている。静岡市にこれを当てはめるのはなかなか難しいが、駅から北西側に伸びる道がアベニュー、北東から南西に伸びる道がストリートという関係だろう。

御幸通りや人宿町が御幸アベニュー、人宿アベニュー、江川町通りや本通りが江川ストリート、本ストリートになる。駿府城を中心に考えるとアベニューとストリートの関係は逆になるが、繁華街の形を見ると駅中心の方がしっくりくるように思う。

GOOD TEA LAB. the SHOP リアル店舗がある静岡伊勢丹。その静岡伊勢丹・玄関前の交差点を走る2つの通り、呉服町と七間町を上の関係に当てはめると、呉服アベニュー、七間ストリートとなる。七間町がアートの町と考えるとストリートと言う呼び方は違和感がない。CCC(静岡市文化・クリエイティブ産業振興センター)以外にもギャラリーのようなものが増えれば、盛り上がって来るような気がするのだが。

さて、呉服アベニューである。人通りが多いとはいえ、駅前に商業施設が集積したため、若者を中心とした往来客は最盛期より減少している。そのためか空き店舗も増えており、少し寂れた雰囲気も生じている。

静岡伊勢丹に訪問することが増えたこともあり、よく呉服町を通るのだが、意外に目につくのがお茶屋さん。2020年8月にお茶が中心のライフスタイル・セレクトショップ「GOOD TEA LAB. the SHOP」(私たちの店)、2020年10月に美味しい抹茶アイスをはじめとする静岡茶製品を販売する「ななや 静岡店」がオープンし、俄然、お茶の通りとしての存在感が増してきたようだ。

呉服アベニューにあるお茶の店は、前述の2店舗に加え、1781年創業の茶店「竹茗堂」、1865年創業の茶店「小山園」、静岡の製茶問屋である丸善製茶株式会社が運営するティージェラートカフェ「MARUZEN Tea Roastery」の計5店舗。まさに茶ベニュー

竹茗堂

「竹茗堂」は一番老舗だけあって風格のある茶店といった雰囲気。店の作りも昔ながらの茶商店といった趣で、少し工夫をすれば観光客に受けそうだと感じた。

小山園

小山園は店の作りは竹茗堂より小さいが、英語字幕のビデオを流したり、筆書の綺麗なパッケージの「名人茶」を販売していたりと、随所に工夫が見られて面白い。

MARUZEN Tea Roastery

MARUZEN Tea Roasteryは、「煎茶堂東京」や「東京茶寮」を手がけたLUCY ALTER DESIGNが店舗やコンセプトデザインをしただけあって、かなりモダンな店舗。メニューも抹茶アフォガードがあるなど、個性的である。

今の呉服町は、お茶の店を巡るだけでも結構面白い。特に街中でお茶をしたり、弁当を食べたり、休憩したりできる「ハニカムスクエアー」が完成したことで、店舗で買ったお茶ドリンクや抹茶スイーツをテイクアウトしてゆっくり食べることもできるようになったことは大きい。銀ブラならぬ茶ブラを楽しむことができるようになった。

盛り上がる呉服町 茶ベニュー。次回は新店舗「ななや 静岡店」をじっくり紹介してみたい。

つづく

一品更屋 更屋松柏

* このコラムは更屋松柏の個人的な意見に基づくもので、関係する企業・団体・個人の意見とは異なります。このコラムに関するご意見・ご質問は一品更屋までご連絡をお願い致します。

シングル・オリジン・ティーを巡る冒険 #3 : シングル・オリジンと UL NDT その1

静岡市清水区、興津川の上流には「キャンプ適地」と言われる、誰でも無料で泊まれるキャンプ場が2つほどある。無料なので売店があったり、食堂があったりということでは無いが、トイレと水場は付いており、ソロキャンでまったりするにはちょうど良い。むしろ、あまり便利すぎるキャンプ場というのは、便利すぎて何をしに山まで来たのかわからなくなるという矛盾のある場所なのだ。トイレや水場があるということだって、よっぽど贅沢だ。

この日は西里キャンプ適地にテントを張り宿泊しようと考えていた。バスを乗り継ぐつもりが乗り継ぎ先のバスが休日は運行していないということに気づいて唖然としたが、西里温泉の方にバス停まで迎えに来ていただき「やませみの湯」までたどり着き、湯に浸かって一息付いた後、また温泉の方に送っていただき、なんとか西里キャンプ適地へ到着した。旅ではいつも誰かに助けられる。今までの旅では優しさを学んできた。それをいつでも誰かに返せるようにしたいと思うのだが。

日曜の午後だったが、西里キャンプ場には沢山の人が溢れていた。緩やかな流れの川が近いので、テントを貼って夏の終わりの川遊びをしている人が多いようだった。日が傾き始めると、一組、また一組とテントをたたみ、4時を回る頃には私と焚き火をする二人組みの男、二組だけになってしまった。

日が暮れると面倒なので、手早くNemoの二人用テントを張る。ニンジャタープで屋根をかけ終え、気がつくと先ほどの二人組の姿はすでに無くなっていた。キャンプ場には私一人。秋の虫の声が辺り一面を埋めている。

まだ日が残っているうちに、試してみたいことがあった。葉桐さんからお土産でいただいたシングル・オリジンの茶葉があるので、これでシングル・オリジン野点をしてみようと思ったのだ。

一品更屋の野点は、ウルトラライトハイキングの考え方を取り入れている。ULハイクの徹底して無駄を削ぎ落とすという思想が侘び茶の教えと合致しており、現代において野点を行うにはULハイクのストイックさや使う道具を踏襲しないという手はない。もちろん、自由に野に出て歩き回り、気が向くままに茶を点てるには、超軽装の方が勝手が良いという実用的な面も大きい。

ウルトラ・ライト・野点、つまり UL NDT となる。

ヘリノックスのチェアゼロを広げ、SOTOのポップアップ・ソロテーブルを展開する。PRIMUSのバーナーにエバニューのチタンクッカーを乗せ、スノーピークのチタンカップを準備する。茶はシングル・オリジン「やまかい」にしてみる。

最初はお湯で淹れてみることにした。葉桐さんで教わった、皿出しスタイルで淹れてみる。

クッカーの蓋兼フライパンとなる容器に、細く美しい茶葉を広げ、お湯を沸かす。沸騰する前にお湯を止め、茶葉に注ぐ。温度は何度かわからないが、感覚的には80度ぐらいにはなっていただろう。茶葉が開くまで5分ほど待つ。

葉が開ききり、湯が濃い黄色になったところで、カップに注ぐ。専用の容器ではないのでどうしても茶葉がカップに入ってしまう。これは何か対処方法を考えなければいけない。まずは一煎目。

苦い。

味はしっかりと出ているが、エグ味が強すぎる。葉桐さんで頂いた際は温かなお茶でももう少し温度が低かったことを考えると、お湯が熱すぎたのだ。湯冷ましがあった方が良さそうである。一度カップにお湯を入れ湯を冷ましてから茶葉に注ぐ方法が良さそうだ。やまかい自体は味が安定して出ているため、二煎目、三煎目といただく。

小さい頃からお茶は熱いものだと思っていたが、これはどうしたものだろう。葉桐さんでいただいた際のあのお茶の味、その温度。口全体に広がる清涼感をもう一度イメージしてみる。

シングル・オリジン・ティー。どうやら既成概念との戦いが必要なようだ。

つづく

一品更屋 更屋松柏

* このコラムは更屋松柏の個人的な意見に基づくもので、関係する企業・団体・個人の意見とは異なります。このコラムに関するご意見・ご質問は一品更屋までご連絡をお願い致します。

シングル・オリジン・ティーを巡る冒険 #2 : 葉桐さんに聞く その2

茶・茶・茶

立て続けにお茶をいただく。全てシングル・オリジン。

こんどうわせ

佐久間

香駿とやまかい

急須を使いぬるま湯で淹れたものも飲ませていただいたが、常温・皿出しの方が美味しく感じる。

摩利支

細かな味の違いはまだ表現できないが、個人的な好みは香駿。やや角がある味だが、爽やかである。

東頭、始まりの味

最後にいただいたのが、今回の目的でもある東頭。こちらも常温・皿出しでいただく。

バランスが良い。他のお茶が何か個性的な、味の角になる部分があるのに対し、東頭は旨味、風味、香り、深み、清涼感と全てのバランスが良く、口のこりが穏やかである。これが静岡のシングル・オリジン、始まりの味である。

もちろん、最初は単一農園・単一品種のお茶は沢山あったのであろう。しかし、大量生産の時代になると、手間がかかる上に少量しか生産できない、効率的ではないこのような生産方法の農園は廃れてしまった。だからこそ、清巳社長は葉桐にしか作れない香味を生産家の皆様と作り続けているのである。

工場の中を見学させていただき、近くの美味しい定食屋でお昼をご馳走になった後、営業の落合さんと共に、実際にシングル・オリジン・ティーが作られている農園を見に行くことになった。

厳しさが美味しさになる

茶園、東頭は標高800メートルの場所にあるという。昼夜の寒暖の差が大きいことが美味しいお茶ができる条件とのことで、東頭も寒暖差が激しく、冬には雪が降り積もるほどの厳しい自然環境だそうだ。

葉桐さんが契約している他のシングル・オリジン・ティーの農園もやはり山の傾斜地にある。平地で大規模な茶園があるような場所はそのために品種改良された茶葉が使われており、厳しい環境のような良い味は出ない。そのためか色や香りなどの誤魔化しが生じる。

「栄西禅師も聖一国師も山の中に茶の種を播いた」と落合さん。日本に茶を持ち込んだ二人がそのような場所に種を播いたのは、中国でも同じような場所で茶が育てられていたからだろう。つまりお茶本来の味というのは、厳しい環境でこそ育まれるものなのだ。手間もかかるし労力もかかる。それでも、そこでしか出せない味がある。

東頭では、一番茶を摘んだ後、茶の木を低く刈りそろえてしまうという。その後は手をかけない。自然そのままで、一年をかけて、木が自らの力で育って行く。昼夜の寒暖差が激しい場所で、夏の日照りを超え、冬の凍てつく寒さを耐えた、厳しい環境の中でもそれでも育とうとする茶の木の力。冬の間蓄えられ、凝縮されたその力が炎のように燃え上がるその瞬間。良い茶とは、そのような生命の輝きの瞬間が凝固した、生命の宝石のようなものなのだろう。

私はそのような景色を美しいと思う。

一品更屋 更屋松柏

* このコラムは更屋松柏の個人的な意見に基づくもので、関係する企業・団体・個人の意見とは異なります。このコラムに関するご意見・ご質問は一品更屋までご連絡をお願い致します。

GOOD TEA LAB. のロゴマークのお話

GOOD TEA LAB. のロゴマークは、25種類の中から選ばれたものです。

文字のみのものや四角いもの、建物みたいなものなど、様々なパターンを作成しましたが、最終的に選ばれたのがこのロゴマークでした。

お茶を飲む器を上から見ると丸いですよね。この丸はお茶の器と、器の中に溜まったお茶の輪郭をイメージしています。最初はグリーンで考えていましたが、お茶=緑は、なにか短絡的な気がしたので黒にしました。

そして丸を形作る線は微妙に太さが違います。これは完全な円のようにキチッと固定されているのではなく、外からも中からも、いろいろな波がおきていることを示しています。GOOD TEA LAB. という器にはいろんな人や物が出入りしていて、不定形なんだけど安定している。そんなイメージです。

そして真ん中にTEA=お茶を置いています。これはお茶が真ん中にあることで生活が豊かになることを意味しています。また、お茶にペンで勢いよく丸をつけたようにも見えます。「良いお茶だ!丸!」という感じです。

完成してみると、ハンコのようでもありますよね。このロゴマークが付いている作品や商品は、良いものであるという印のよう。GOOD TEA LAB. が品質だけではなく、暮らしに良いものを保証する。そんな風に見てもらえたら嬉しいです。

展示会 冷茶を楽しむ 真夏のグッド・ティー・パーティー

8月19日(水)から9月8日(火)までの3週間、静岡伊勢丹7階・ウェルネスパークでは、GOOD TEA LAB. 主催の第1回展示会「冷茶を楽しむ 真夏のグッド・ティー・パーティー」が開催されます。

この展示会では夏のイベントに出かける代わりに家で良いお茶を存分に楽しむ「グッド・ティー・パーティー」を提案。冷えた緑茶にフルーツタルトを合わせたり、色とりどりのキレイな器を揃えたりと、家時間をより自由に楽しむ工夫をご紹介いたします。

また、今回のウェルネスパーク特設展示会場は、GOOD TEA LAB. の情報発信基地として、引き続き常設展示場となります。

参加作家・ブランド・企業

 食品  こうのもの/CONCHE/Boncoeur
 陶器  飯高幸作/井口淳/磯部輝之/
     宇田令奈/大渕由香利/小野穣/三浦愛子
 ガラス 藤原奈津江
 木工  iwakagu/久野輝幸/前田工房
 洋服  linenu works
 布物  ぬくもり工房
 茶   コノハト茶葉店

 カフェ MATCHA MORE

 * 参加作家・ブランド・会社は随時追加・変更されます。

展示概要

 タイトル :冷茶を楽しむ 真夏のグッド・ティー・パーティー
 日時 :2020年8月19日(水)-9月8日(火)
 場所 :静岡伊勢丹 7階 ウェルネスパーク GOOD TEA LAB.
    静岡県静岡市葵区呉服町1-7/電話054-273-4663
 主催 :GOOD TEA LAB.
 ホームページ : GOODTEALAB.JP
 メールアドレス : info@goodtealab.jp

GOOD TEA LAB. JP オープン

グッド・ティー・ラボのウェブサイト、GOOD TEA LAB.JP がオープンしました。

グッド・ティー・ラボは、お茶の町・静岡をベースに、良いお茶を研究し、情報発信を行う、研究所兼メディアです。

グッド・ティー・ラボでは、当ウェブサイトとSNS、静岡伊勢丹7階・ウェルネスパークの店舗、生産地・生産者・作家との共同企画を通して、さまざまな角度でお茶文化の素晴らしさを紹介してまいります。

8月19(水)からは静岡伊勢丹7階・ウェルネスパーク内の店舗もオープン予定。第一回の企画展も準備中です。

最新の情報はこちらのウェブサイトで随時お知らせさせていただきます。引き続きよろしくお願いいたします。