呉七クロッシング #3:呉服町 茶ベニュー その2

「ななや」の母体である丸七製茶は創業1907年なので、100年以上お茶を扱っていることになる。1988年に静岡で初めて抹茶を製造したとのことで、歴史がある中でも新しいことに積極的に挑戦する会社らしい。リーフ茶の価格が低下を続けていることを考えると、価格が維持できる抹茶をラインナップに加えることは経営的な安定をもたらすと言う利点もある。「ななや」店舗の名物は世界で一番濃い抹茶ジェラート。改革の積み重ねで商機を掴むスタイルのようだ。

ななや静岡店が青葉町から呉服町に移転したのは2020年10月、GOOD TEA LAB. the SHOP が静岡伊勢丹にオープンしたのが8月なので、今年後半、立て続けに2つのお茶のお店が呉服町にオープンしたことになる。呉服町がお茶のアベニュー=茶ベニュー化している。

ななや静岡店に入るとまず驚くのが、お茶のお店として頭に浮かぶ雰囲気とは真逆のスタイリッシュさだということ。GOOD TEA LAB. the SHOP がお茶のセレクトショップだとすると、ななや静岡店はお茶のスーパーマーケット。お茶関連の品物が壁面に所狭しと並んでおり、アメリカのスーパーマーケットを思わせる。

冷蔵コーナーが充実していることもスーパーマーケットっぽさを後押ししている要因の一つだろう。

なんと、一番茶を使ったペットボトルのお茶が!「茶摘みの朝月緑茶」という商品。飲んでみたが、普通のペットボトルのお茶では感じられない、ジャスミンティーのような香り高い味わい。

店舗2階はイートインスペースと、今はまだオープンしていないが、お茶のテイスティングコーナーがある。お茶をより美味しくいただくためにワイングラスで飲むという趣向らしい。確かに香りと味、色を楽しむためには、ワイングラスが合っているように思える。ただし冷茶に限るか。

このお店に来たからには食べておかなければいけないもの。それが「世界一濃い抹茶ジェラート」。濃さの段階が選べるが、一番濃いものを注文する。確かに「濃い!」。店内で食べるのも良いが、晴れていれば近くにあるハニカムスクエアで食べたい。外で食べるお茶スイーツはまた格別なのだ。

魅力を増す、呉服町 茶ベニュー。次回は「MARUZEN Tea Roastery」を紹介したい。

一品更屋 更屋松柏

* このコラムは更屋松柏の個人的な意見に基づくもので、関係する企業・団体・個人の意見とは異なります。このコラムに関するご意見・ご質問は一品更屋までご連絡をお願い致します。

ななや 静岡店

静岡市葵区呉服町2丁目5-12
11:00~19:00
ななや 静岡店

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中