Tokyo Ocha Cafe Story #2:茶茶の間

日本茶のシングルオリジンをいち早く東京で紹介したお店。それが「表参道 茶茶の間」である。それこそ日本茶に対してシングルオリジンという呼び方が無かった頃から、単一農園・単一品種にこだわり日本茶を提供してきた。

表参道駅から表参道を歩いて下り原宿駅とのちょうど中間あたり、道を一本入ってさらにぐるりと回った、ちょっと分かりづらい場所にお店はある。しかし、時間によっては並ばないと入れないこともあるそうなので注意しなければならない。

お店の雰囲気はカフェに近いが、大きく張り出したカウンターが特徴で、そこで店主の和多田さんがお茶を淹れている。和多田さんは常に忙しく動き、急須からガラス容器へ、ガラス容器から湯のみへとお湯とお茶を動かし続ける。一見パフォーマンスに見える派手な動きも、よく見ていると、美味しいお茶を淹れるために考えられた動作であることがわかる。急須は茶葉の広がりを活かせる大ぶりの平形を使用していた。

約30種ある単一農園・単一品種のお茶の中からやぶきた「秋津島」を選び、茶茶の間 呈茶「かさね」で頂く。茶葉をそのまま頂く「テイスティング」から、濃厚な一煎目、グラスで氷と共に冷茶をいただく二煎目、カップで温かな風味を味わう三煎目、たっぷりと味わう四煎目と続く。

全体の流れの完成度にも驚くが、特に感動したのが一煎目。常温でしか出せないはずのシングルオリジンの濃厚な旨味が温茶で出ている。旨味が高温になることで口の中全体に一瞬で広がるという、今までにない不思議な感覚だ。

通常温かさを感じるぐらいのお湯で淹れられた一煎目は旨味も出るのだが、エグ味と苦味も出てしまう。今回頂いた一煎目は温かいにも関わらずエグ味や苦味は一切感じられず、旨味と風味だけが口の中に広がった。これには驚いた。

後で和多田さんに聞くと、淹れる時は常温だが飲むときには温かいお茶になっているとのこと。つまり、常温で淹れられた後、器の移し替えの中で徐々に温度を上げ、口に入るまでに温かなお茶になるという、物凄いテクニックを使っていたわけである。まさに神業。

茶茶の間はスイーツも美味しく、お茶もたっぷりといただけるので、自然に贅沢な時間を過ごすことができるようになる。つまり、お店の中にいるだけで「お茶を楽しむ」という意味が、そのまま体感できる仕組みになっているのだ。煎茶専門カフェの一つの完成系がここにあると言えよう。

一品更屋 更屋松柏

* このコラムは更屋松柏の個人的な意見に基づくもので、関係する企業・団体・個人の意見とは異なります。このコラムに関するご意見・ご質問は一品更屋までご連絡をお願い致します。

表参道 茶茶の間

渋谷区神宮前5-13-14
月曜・火曜定休・12:00~19:00
chachanoma.com


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中